2016年10月12日

大日本印刷、3年ぶり赤字見通し 3月期予

大日本印刷は2日、2012年3月期の業績予想を下方修正し、純損益が164億円の赤字に転落する見通しだと発表した. 赤字は3年ぶり. 電機メーカーの液晶テレビ事業縮小に伴い、液晶カラーフィルターをつくる生産設備の減損処理で247億円の特別損失を計上することが響いた. 2月の前回予想では純損益は80億円の黒字を見込んでいた. 赤字転落は、液晶カラーフィルターを製造する姫路工場(兵庫県)や亀山工場(三重県)の稼働率が低下し、生産体制の見直しに合わせて資産価値を再評価したため. 売上高も前回予想より2.1%減の1兆5072億円、営業損益は10.5%減の340億円を見込んだ. 21日、三重6―5鳥取城北) 最後のアウトを取る難しさを三重の三浦は思い知った. 3点差の9回. 「アウトを取り急がないようにと思っていたつもりだった」. しかし、サインに首を振って投げたチェンジアップが真ん中に入り、2点本塁打された. 1点差の勝利に試合後は苦笑いしつつ、「勝ったから言えることですけど、これも勉強ですね.
posted by ChinenMiyo at 00:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください