2016年12月07日

日経平均、112円安で取引始まる

訪米している中国の習近平(シー・チンピン)・国家副主席(58)は15日、中西部アイオワ州に入り、27年前に農業視察で訪れたマスカティーン市を再訪した. ゆかりの人たちとのお茶会で、当時の思い出を鮮明に語って喜ばせ、親米ぶりをアピールした. マスカティーンはミシシッピ川のほとりにある人口4万人の街. 同日昼にワシントンの日程を終えた習氏は、専用機で立ち寄った. 習氏は中国河北省正定県の共産党書記だった1985年、同市で数日間ホームステイした. 当時、交流のあった住人17人が待ち構える民家を訪ね、「本当にふるさとに戻ってきたようだ. 私のこの国への印象は、あなたたちの姿から来ている」と語りかけた. 23日の東京株式市場は、日経平均株価が前日より112円21銭(1.11%)安い1万0014円87銭で取引が始まった. 世界景気の減速懸念が強まり、欧米の株式市場が値下がりしたことを嫌気した.
posted by ChinenMiyo at 16:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください