2016年05月27日

ガチゲーマーの市村佐衣女性声優・辻あゆみさんと山

電撃PSで、6月から連載がスタートしているゲームコラム『辻あゆ&あやのんの寝落ち上等! 』. ゲーム好き女性声優、辻あゆみさんと山本彩乃さんが、与えられた同一のテーマに沿ったコラムを執筆しており、読者から支持を得たほうが多くコラムを掲載できる"対戦型コラム"なのです. 対戦第2回(コラムテーマ『ゲームは1日1時間? 』)となるVol.572(8月12日発売号)では、第1回の雪辱をはたして辻あゆみさんがみごと勝利! 敗れた山本さんのコラムは要約されてちょっとだけ掲載されました. 対戦成績はこれで五分となり、次にどちらが抜け出すか注目なのです. さて、次回Vol.573(8月28日発売号)に掲載予定の第3回対戦コラムから、冒頭部分だけをちょっと出し. そこから、どんなおもしろい話が飛び出すのか、気になるほうに投票してください! コラムテーマは『パズルゲーム』です. なお、7月10日発売号(Vol.570)までは、まず2人を知ってもらうため、同じ分量でコラムを掲載しておりました. 今回、初めてこの企画を知った! という人のために、第1回のコラムのPDFデータを再掲載しますので、これを読んで参考にしてください. ※画像をクリックするとPDFデータが表示されます. 【執筆者】 辻あゆみ(つじあゆ) 雑食系げーむすきー. 寝てもさめてもげーむがしたいなぁ. 出演作品: 『カオスヘッド -CHAOS; HEAD-』折原梢、『咲-Saki- 全国編』薄墨初美、『神撃のバハムート』モニカ、モールなど ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 【8月28日売り号(Vol.573)公開予定コラムちょっと出し】 ありがとうございますっ! みなさん、本当にありがとうございます!! 前回の対決では、応援して下さったみなさんのおかげで勝利をおさめるコトができましたー!!(´; ω; `) 前回以上の僅差だったんだって! お互いに一生懸命書いたコラムだから全文読めないのは悲しいけれど、そのぶんも楽しんでもらえるように! 全力で好きなゲームについて語っていきたいと思います☆ お題は『ぱずるげーむ』. 辻はみんな大好き『ぷよぷよ』でお届けしちゃいます. みなさん、ぷよらーしてますか? (笑・長○監督風に)... ダメだ. 今回もあらぶってますね. なんせ今回お話しようとしてるのは"ぷよぷよのキャラかわゆす! "ではなく"死ぬか生きるか! ... (冒頭300文字) 【執筆者】 山本彩乃(あやのん) ゲーム大好き声優です. 主にFPS系のゲームが大好きです♪ 出演作品: 『ハナヤマタ』梶原亜里沙、『シュタインズ・ゲート』天王寺綯、『閃乱カグラ SHINOVI VERSUS -少女達の証明-』四季など ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 【8月28日売り号(Vol.573)公開予定コラムちょっと出し】 みなさまこんにちはですのん♪ つじあゆさんとの対戦は僅差で負けてしまいましたぁ(´^`) いっぱい語ったものを読んでいただけないのは、こんなに寂しいのですね(●・ω・`)シュン... 自己流とんでも理論を繰り広げていたのですが、この想い誰にも届かない. まさに独り言(笑). 冒頭は本当に大事ですね! 学びましたよぉ☆ では、さっそく頑張るぞぉ~(`・ω・´)ノ 今回のお題は『パズルゲーム』こりゃまた範囲が広いですね! ぐぬぬ... . この連載も6回目でして、今までの私のプレイスタイルから、もう察してくださっている方もいらっしゃるかもしれませんが、パズルゲームはねぇ、うん. 私は... じつは、めっちゃやってるんです♪ ちょ... (冒頭300文字) ゲームの攻略を覚えるがごとく、なんとなく『引き』というものを学びつつある2名ですが、その効果はいかに!? ... この冒頭文で、この先が読みたくなったほうに下記の特設ページから投票を! あなたの1票が、次のコラムページを作ります. ご協力のほど、よろしくお願いいたします! 辻あゆみさんが勝利した第2回対戦コラムが掲載されているVol.572は、本日(8月12日)発売です. こちらもぜひよろしくお願いいたします! 『電撃PlayStation Vol.572』の購入はこちら 電撃PS連載コラム『寝落ち上等! 』特設ページはこちら データ ▼『電撃PlayStation Vol.572』 プロデュース: アスキー・メディアワークス 発行: 株式会社KADOKAWA 発売日: 2014年8月12日 定価: 676円+税 『電撃PlayStation Vol.572』の購入はこちら. ナイキサッカー スクウェア・エニックスは、業務用カードバトルゲーム『超速変形ジャイロゼッター』において、バージョンアップとなる第3弾の稼動を本日1月11日より開始した. 第3弾では新たなマシンタイプとして"はたらく車"が追加されている他、カケルたち選ばれしドライバーとバトルが楽しめる"ライバルチャレンジ"、キャラクターボイス、ドライブコース、ボス、合体ロボなどが追加されている. 新たなマシンタイプ"はたらく車" これまでにあったスポーツ、エコ、ワゴン、セダンに加えて、新たなマシンタイプ"はたらく車"が追加. 第3弾では"パトパンダー"(パトカー)と"ファイアーファイアー"(消防車)の2台が追加される. また、上記2つの他にも全54種類のカードが追加される. "セリカ""ヴィッツ""ekワゴン"といった新車種や、"リベンジボルテージ""コマンドリライト: レッド"などの新SPカードなどをラインナップ. プロモーションカードも充実! 漫画家・鳥山明先生デザインのマシンも登場. 新要素"ライバルチャレンジ" ドライバーズIDを使って遊ぶと、選ばれしドライバーとバトルが楽しめる"ライバルチャレンジ"が発生することがある. 第3弾ではカケルとりんね、シュンスケの3人が登場. 勝つと経験値やAPのボーナスを得られる. 女王級爆撃機・ハーピーシュミットが新ボスとして登場 第3弾より新たなボス"ハーピーシュミット"が登場. 巨大な翼で大空を自由に飛び回り、恐るべきスピードを誇っている. 新ドライブコース"スクラップヤードエリア ルートE18" スクラップ工場を舞台とした上級者向けコース"スクラップヤード ルートE18"が新たに追加された. 新合体ジャイロゼッター"GT-RRR(トリプルアール)" 新たなる合体ジャイロゼッター"GT-RRR"が登場する. 日産の"GT-R"シリーズでチームを組むことで、バトルモードで3体のマシンが合体し、超巨大ジャイロゼッター"GT-RRR"に超速変形できる. その他、ゲーム中にキャラクターのボイスが追加. TVアニメ『超速変形ジャイロゼッター』でおなじみの声でプレイできる. また、モード選択時に"ドライブだけプレイする""バトルだけプレイする"が追加された. どちらか苦手なモードだけ練習することができる. ●キャンペーン開催! 今ならAP2倍! 第3弾の稼動を記念して、獲得APが2倍になるキャンペーンがスタート. 1月11日~1月24日の器官中にドライバーズIDを使って遊ぶと、バトル終了後に獲得できるAPが通常の2倍となる.
posted by ChinenMiyo at 18:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

ゲームデザインは震市村佐衣災を前に何ができるのか

ゲームデザインによる災害対策、ふたつの試論 ゲームは数々の悲劇を、そして永遠の別れを描いてきた. だが、たったひとつの災害がそれを簡単に上回ってみせた. 記者は、震災直後に取材したあるクリエイター(ゲーム業界ではない)に「これまでと同じエンターテインメントはもはや難しいのではないか? 」と言われたことがある. 言わんとするところはよくわかる. 楽しい話は楽しいし、悲しい話は悲しくなるし、泣いたり笑ったりすることもあるのだけれど、どこか100%じゃない. でも、「じゃあ意味がない」なんていうことはない. 辛い時、忘れたいことがある時、気分を発散したい時、ボケっとしたい時、どうしようもなくヒマで、ロクでもないことを考えそうな空白の時間から逃げたい時、いつも助けてくれるのはゲームとか映画とかマンガとかアニメとか、エンターテインメントの力だ. だからきっと、ゲームにできることは、まだまだいくらでもあるハズだ. では、ゲームの技術はどうだろうか? 今回のCEDECでは"震災復興支援技術特別セッション"と題して、連日講演が予定されている. CEDEC 2011初日となる2011年9月6日は、"「ゲームデザイン」技術の応用"としてふたつの発表が行われた. ひとつはゲームの技術を応用したハードウェアで、もうひとつはソーシャルゲームの仕組みを取り込んだウェブサービス. 共通するのは「ゲームデザインの蓄積は、どういった形で社会に寄与できるのか? 」という発想から生まれた試論となっていること. ほとんどアイデアであって、現実的な問題などを探せば、まだまだ粗も多いだろう. モデレーターを務めたCEDEC 2011運営委員長の吉岡直人氏は、ふたつの発表に先立ち、近年こういった取り組みに使われるようになった"シリアスゲーム"という単語を今回の企画タイトルに入れなかった理由を以下のように簡潔に述べていた. 「我々に起こった現実はシリアスすぎる」と. それでも何ができるのかを考えることが重要なのだ. 大野功二氏が発案したのは、自動販売機を拡張して災害情報端末とすること. このアイデアには、ゲームの技術や発想を応用して、高機能な自動販売機の開発に関わっていた大野氏の経歴が大きく関係している. いわく、ユーザーインターフェースの設計や画面演出から、リアルタイムな反応に対応する動作や映像と音を同時に扱うといったプログラム技術まで、ゲーム開発で培ったものが自動販売機の開発でも大いに役立ったという. 「ゲームデザインやゲームの技術には、実は他業種には中々真似できないものがあるのではないか? 」という考えた大野氏は、これをさらに応用したインタラクティブ楽器"mirage00"をチームで開発するに至る. タッチパネルPCを内蔵し、各種センサーにより周囲の情報も取り込んで変化していくこの"楽器"は、メディアアートの祭典であるアルス・エレクトロニカにも出展され、好評を得たそう. 「構成としては大きな携帯ゲーム機」(大野氏)であるmirage00が受けたことで、大野氏はゲームの技術の応用範囲は広いということを確信する. こうして生まれたのが、多種多様なセンサーはデバイスを内蔵し、やはり「構成としては大きな携帯ゲーム機」(大野氏)と言えないこともない、高機能なイマドキの自動販売機を、災害時に非常端末とすることだった. なぜ自販機なのか? 大野氏は、設置が容易ですでに設置数が多いこと、ゲーム機並みのハードウェアとセンサーを内蔵し、実はネットワークにもつながっていることが多いことなどを挙げた. 開発者の力で幾つかのデバイスを追加したり、ソフトウェアの仕組みを追加することで、すぐにさまざまなことが可能になるというのだ. また、自販機ビジネスが確立されていることで、ある程度の収入が見込め、単体の災害システムよりは自治体や個人などが購入しやすいといったこともあるらしい. 具体的には、安否情報の入力・収集を可能にしたり、水没センサーなどを使って被害状況の伝達をはかるネットワークを構築したり、非常時の連絡拠点としての機能の実現が挙げられていた. 最後に大野氏は、「できることはたくさんある! 」として、企画提案は誰でもできるし、フリーソフトやArudino(安価にセンサーを使ったハードウェアを作れるキット)を使って試作も可能である檄を飛ばす一方、ゲーム業界には緊急時の動作の規格化を、ゲーム開発者には、未来や夢を体験とともに描けるのはゲームだけだと提言し、発表を締めくくった. 続いて、筑波大学大学院の于沛超氏は、リスク認知のためのリスク情報共有プラットフォーム"RISPEC"を発表. これは上海出身で地震とは無縁だった于氏が東京で外出時に震災に遭遇し、防災訓練で学んだことが飛んでしまったことから発案したもの. 「ここで災害に遭遇したらこの公園に集まる」といった種の防災訓練"意思決定訓練"は、災害時の場所が変わってくればリスクがまったく異なり、避難経路を歩くような種の"実技・実働訓練"はもっと参加意欲を向上させることが大事であるとして、より多くの可能性に対応できるように設計されている. このシステムは、"この橋が崩壊するかもしれない(その場合はどう避難するか)"とか"飲用水が手に入りにくくなるかもしれない"といった可能性に基づいたリスク情報を投稿する"発信者"と、その情報を応用したクイズなどのコンテンツによって学習を行う"受信者"によって成り立つ. スマートフォンのGPSなどを利用して、リスク情報が投稿された場所に近づくと"受信"を行うといった仕組みが考えられており、于氏もまた、スマートフォンを活用したソーシャル防災ゲームを作ってみないかという提言を行っていた. なお実際に、10月15日ごろより"rispec.info"にてテスト版の公開も予定しているとか. 次回テストは2月下旬に発表予定 バンダイナムコオンラインの新作オンラインアクション『 機動戦士ガンダムオンライン 』公式サイトで、昨年12月に実施したαテストの結果と今後の対応方針などが公開されている. まずはテストレポートから. 当選者数3000人に対して、合計参加者数は1849人. 3日間の推移は1247人(16日金曜日)、1206人(17日土曜日)、1178人(18日日曜日)と、なだらかに落ちてはいるものの、ほぼ変わらない印象だ. 連邦とジオンの比較で行くと、3日間を通じて連邦軍が勝ち続けた内容となっているものの、パイロットの数では1269対1320と若干ジオン軍所属のパイロットが多かった様子. これに応じてレベル分布も、レベル3まではジオン軍の方が多く、レベル4とレベル5は連邦軍の方が多いという違いが出ている. この点について運営・開発チームでは、勝敗の偏りの原因などを調査し、より近いバランスで戦闘できるよう調整を検討していくとのこと. そのほかアンケートでは、最大52人対52人で戦う大規模戦やアクションなどの評価が高かった一方、対戦中のコミュニケーションや、小隊システムについてはリクエストが多かった様子. 本作の大規模戦は、最大で51人を従える指揮官と、その命令を受けて動く3人一組の小隊という関係を軸に設計されているため、「モビルスーツがたくさん出撃していて楽しい」という部分に見慣れたあとの深みを持つためにも、今後の調整に期待したい. また、具体的な意見・要望への回答も掲載されており、ゲームパッドへの対応や画面解像度設定の増加といったもののほか、各要素のゲームバランスの調整方針なども明かされている. 運営チームではテスト結果を踏まえた調整と新要素の実装をおこない、次期テストの準備を進めていくという. 次期テストの実施内容は時期については2月下旬に発表予定となっている. (C)創通・サンライズ. ソウル=中野晃】中国の張徳江(チャントーチアン)・全国人民代表大会(全人代)常務委員長は4日、訪中した韓国の姜昌熙(カンチャンヒ)・国会議長と北京で会談し、歴史認識問題に関して「中韓両国は、日本の軍国主義復活の動きを注視する必要がある」と述べ、中韓の連携を呼びかけた. 韓国国会が5日、会談内容として公表した. 張氏は会談で「両国が協力して、日本の間違った態度を指摘し、対処しなければならない」と指摘. これに対し姜議長は、韓国が提案している日中韓3国の「議会フォーラム」を取り上げ、「早く(フォーラムを)つくり、議会が先頭に立って歴史認識の問題をたださなければならない」と答えたという.
posted by ChinenMiyo at 16:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

ロスト プラネット市村佐衣 2』オンライン大会で

サイバーフロントは、PS3/Xbox 360/PC用ソフト『テストドライブ アンリミテッド 2(以下、TDU2)』の発売日を3月31日に決定した. 『TDU2』は、約3,400Kmにわたる広大なオープンワールドを舞台にしたカーライフシミュレーター. 今作では、ヨーロッパの保養地イビサ島が新たに設定され、世界がさらに広がっている. 開催されるレースや島での生活の中で獲得した資金をもとに、車、邸宅、家具、洋服、アクセサリが購入できる. リゾート地に豪邸を建て、ガレージに高級車を所有するといった優雅なライフスタイルを実現することも可能だ. カプコンは、PS3/Xbox 360用ソフト『ロスト プラネット 2』のオンライン大会を開催する. この大会は、コミュニティ支援サイト・コマンドコロニーに参加しているプレイヤーを対象としたもの. 大会はクラン単位で行われ、クランのメンバー7人をリーダーが選抜する. メンバーが7人未満のクランは参加できないので注意. また応募クランが多数の場合は抽選となる. 大会スケジュールは、Xbox 360版の予選が7月30日、決勝が7月31日. PS3版の予選が8月6日、決勝が8月7日. 応募受付はXbox 360版が7月8日から、PS3版が7月9日から、それぞれコマンドコロニー上で行われる. 大会ルールなど詳しくは公式サイトを参照のこと.
posted by ChinenMiyo at 05:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。